冷静な対応

初めて始める時という場合では何よりも下準備をサボってはいけません。

 

トレードを行う前物事を客観的に見つめる事が出来ます。

 

だがしかし、いったんマーケットの内側へ足を踏み入れると何をしても見え方が客観性を欠くものになる場合があり、往々にして適切な判断を下せなくなる恐れが生じる。

 

そのために自らの精神が冷静な状況で正しく事前準備が大切です。

http://maruta.be/qxvfck

その"準備"のためには始めに自分の筋書きを描くことから手をつけます。

 

今後の市場はこうなってああなるから、NZドルを買う(あるいは売る)というふうに自分で考えたストーリー展開を考えていきます。

 

次に大事なのは時間足チャートをチェックしましょう。

 

過去の市場の上下動を見つめて、今日の値動きを確認します。

 

そうすると、「今のところ相当低すぎるレベルである」「もうすでに大勢の方が仕かけているから、今さら自分かしかけても今となっては間に合わないな」ということが理解できます。

 

当然、もはや買い(または売り)するのが遅すぎるなと感じたら何もせず、それはきっぱりとあきらめることか重要です。

 

どう試みても自分自身の脚本を押し通そうとして無理に新しく注文すると、外国為替相場に跳ね返されて損害を受けることになるリスクがあります。

 

ただしたいがいの場面で緻密な自身の台本を描いておけば、売り(または買い)がやりようがないというケースにはならないだろう。

 

現実に外国為替相場が動意する前の状態のはずです。

 

更に、当面はあなたが取引しようとする外貨ポジションの上下動を、じっくりと点検する事が肝心。

 

ドル高になると予想するシナリオを作成したのであればその外貨の変化に注目する必要があります。

 

外国為替相場の上げ下げを確認し始めた段階ではまだ該当の外貨は目立って変動する様子を見せることはなく上下に細かい上下動を繰り返しているだけだろう。

 

しかし、その変動をじっくりと気をつけているとあるところでゆっくりと円安へと為替相場が変動し始めます。

 

このチャンスでドルの取引します。

 

通常、周到に事前の準備をやっておけばその取引で儲ける確率は結構高まります。